FC2ブログ

home

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
line

酔いつぶれた新人OL

 春の居酒屋は、サラリーマンたちの宴会で盛り上がっていた。新入社員と思われる、やたら元気な若い顔もちらほら見える。
 歓迎会か。景気のいいことだ。新入社員なんて、ここ数年うちの会社にはきていない。ていうか5年前の俺が最後で後輩が居ない。
 やってらんないな、中小企業。
 俺は、カウンター席の隣に座る不景気そうな上司に目をやる。この部長、いいおっさんではあるのだが、酒が入ると愚痴っぽくて仕方がない。散々ひとりで毒を吐き尽くして、もう日本酒手酌モードに入ってやがる。これは記憶が飛んでる証拠だ。
「ちと、トイレいってきますね」
 上司は、軽く首を回した。この騒音で、伝わってるのかわらない。でも構わない。このまま去っても問題ないことは知っている。このひと、隣に誰かいようといまいと、ちゃんと終電前に会計して自動的に家族の待っている家まで帰る、帰巣本能の強いひとなのだ。記憶飛んでるくせに。ちなみに、ちゃんとレシートを持ち帰ってるので、翌日ワリカン精算になる。
 世の中には、不思議なひともいるもんだ。
 まあいいか。トイレトイレ。
 忙しそうな店員にトイレの場所を訊いて、廊下の角を曲がる。
「お?」
 俺は立ち止まった。パリッとしたスーツを着た若い女の子が、壁に寄りかかっていたのだ。こちらをちらりと見て、さっと顔を逸らした。黒髪のポニーテイルが揺れる。
 新入社員かな。初々しいな。
 突き当たりの左右には、トイレのドアがあった。右は女性用で、左が男性用。
「女子トイレ、満員なの? だいじょうぶ?」
 酔いのせいか、俺は気安く声をかけた。

続きを読む → あなたは20歳以上ですか? はい いいえ

にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へ

tag : セックス レイプ おしっこ OL 中出し

line

姫始めレイプ

 お正月。
 晴天に恵まれた元日は、まばゆい太陽に照らされて空気が澄み切っていた。
「いってきまーす!」
 元気な女の子の声が、住宅街にある青い屋根の家から聞こえてきた。
 路地に駐めたバンの中から目をやると、赤く綺麗な着物を着たお下げ髪の可愛い女の子が、巾着袋を振りながら現れる。
 小柄で華奢な肉体。黒髪。ぷにぷにほっぺはほんのり赤い。
 篠田沙耶。小学校5年生。10歳、か。
 それにしても、朝からご機嫌だな。
 苦笑した俺はバンをスタートさせ、あらかじめ決めていた曲がり角で停車させた。
 予定通り、車の横を沙耶ちゃんが歩き去る。
 俺は静かにバンから降り、素早く沙耶ちゃんの背後に近づくと、躊躇なくスタンガンを押しつけた。
「っ!?」
 声にならない悲鳴。
 俺は軽い沙耶ちゃんを抱き上げた。

続きを読む → あなたは20歳以上ですか? はい いいえ

にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へ

tag : セックス 小学生 レイプ

line

あなたを犯させてください

 お久しぶりです。手炉芽亜です。
 あなたを犯したい。

続きを読む → あなたは20歳以上ですか? はい いいえ

にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へ

tag : セックス 小説

line

露天風呂の少女

 オレは、ひとり旅で温泉にきていた。
 そこは結婚式も行うような大きくて有名なホテルで、露天風呂が有名だった。

 深夜。
 オレはわくわくしながら、誰もいないであろう露天風呂に向かう。
 露天風呂で夜空を眺めながらオナニーするのが趣味なのだ。そのために、この時間まで入るのを我慢した。
 脱衣所で浴衣を脱ぎ、静かに引き戸をくぐる。
 冷たい外気に、むわっと湯気が踊っていた。
 湯気の向こうに、先客がいた。
 マジかよ。脱衣所の籠には衣類なんてなかったぞ。
 ――いや、まてよ。
 オレは目を疑う。
 長い髪、華奢な肩、くびれた腰、ふっくらしたお尻、細い脚。
 ――女の子だ。
 この露天風呂は、混浴じゃない。それなのに、なぜ女の子が?

続きを読む → あなたは20歳以上ですか? はい いいえ

にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へ

tag : オナニー セックス 露出 おしっこ

line

メイドさんのスペシャルメニュー

「よし! メイド喫茶に行ってみよう!」
 そう思い立ったオレは、会社帰りに秋葉原で途中下車した。
 可愛いメイドさんをたっぷり眺めてやるぜ。目で犯してやるぜ。
 鼻息荒く大通りに出たものの、元気よく呼び込みしている可愛いメイドさんに話しかけることがでない。
 なぜかというと、シャイだからだ。
 残念なことに、オレはひと見知りが激しいのだ。
 女の子と1対1で話をしたことがないのだ。
 くそっ。このままじゃ、いつもと同じだ。今夜メイド喫茶へ行けなかったら、童貞のまま一生を終えるに違いない。
 追い詰められなくてもいいのに追い詰められたオレは、職務質問されてもおかしくないくらいの挙動不審な動きで、ふらふらと裏路地に入る。
 頑張れ、オレ。勇気を出すんだ、オレ。つぶやきながら、どんどん人通りの少ない路地へ向かう。
「お?」
 雑居ビルとビルの間にある細く暗い小道の先が、ピンク色に照らされているのを見つけた。
 オレは、つばを飲む。
 近づくと、角を曲がった先に地下へ降りる階段があった。
 そこが、ピンク色の照明に照らされている。
『お帰りなさいませ、ご主人様』
 真新しくきらびやかな看板には、可愛い萌え絵のメイドさん。オレを笑顔で誘っている。
 汗でぬめる手を、ぎゅっと握り閉めた。
 よし! ここに決めたぞ!
 今日オレは、ひと皮剥けるんだ!
 口から心臓が飛び出しそうになりながら、ピンク色の中に入った。

続きを読む → あなたは20歳以上ですか? はい いいえ

にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へ

tag : メイド おしっこ うんこ セックス 中出し

line

パンティオナニーセックス

 新宿駅中央線のホームに行くと、待ち合わせの女の子はもうそこにいた。
 白い服を着た小柄な女の子。ユウカだ。
 綺麗な長い黒髪。清潔感のあるたたずまい。むねはぺたんこだけど、相変わらず可愛い。
 目が合うと、ユウカは照れくさそうにほほえんだ。
 私は、おや、と思う。
 ユウカのそばに、ギャルっぽい女の子が立ってこちらを見ていたのだ。金髪で、胸の大きな女の子だ。
「やほー、ユウカちゃん。……えっと、友達?」
「あ、はい。えと、あの、じゃ、これ!」
 顔を赤くしたユウカは、恥ずかしそうに紙袋を差し出した。
 私は受け取り、ちらりと中を見る。ふくらんだジップロックを確認して、頷いた。
「ありがと。私からは、これね」
 お返しとばかり、紙袋を差し出す。ユウカは手早く受け取り、友達に背を向けてトートバックにしまいこんだ。
「ありがとうございます! ……あの、それじゃあ、また!」
 リンゴほっぺのユウカは上目遣いでお辞儀すると、さっと背を向け、足早に去っていく。ギャルっぽい女の子も、クスクス笑いながらついていった。
 相変わらず、ユウカは可愛いな。
 私は、ドキドキしていた。
 あんなに可愛い子が、私とこんな関係になってくれただなんて。
 電車の発車ベルで我に返った私は、いそいそと豊田行きの車両に乗り込んだ。

続きを読む → あなたは20歳以上ですか? はい いいえ

にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へ

tag : オナニー パンティ セックス 中出し

line

FILE3:繁華街でアナルクンニ

 新宿駅東口の改札を出たところで、キミと待ち合わせ。
 華奢で色白なキミは、黒髪をツインテールにしてる。可愛らしいキャミソールとミニスカート、細い脚にはニーソックス。
 十九歳のキミは、みんなが振り向くくらい可愛い。
 私を見つけると、キミは緊張気味な笑みを浮かべる。
 並んで少しだけ歩き、キミはトイレへ向かう。

続きを読む → あなたは20歳以上ですか? はい いいえ

にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へ

tag : セックス アナル 露出 おしっこ スカトロ

line

着エロアイドル挿入会

 オレは、着エロアイドルゆかりんのファンだった。
 現役中学生のゆかりんは、黒髪をツインテールにした、ちょっと生意気そうな女の子だった。まぶしいくらい白い肌、折れそうなほど華奢な身体。黒目がちな瞳、ぷにっとしたほっぺ。文句なしの美少女だ。
 Youtubeにアップされてた動画を見て、オレは彼女の虜になった。
 ゆかりんが極小の水着を着け、プールサイドでオナニーめいた動きをするのを見て、心を奪われたのだ。水着の股間の部分には、わずかに染み。妄想をかき立てられる、心憎い演出だ。
 そんなゆかりんが、新しく写真集を出した。タイトルは、「14歳」。かなりきわどい写真集だという。
 そして写真集の発売日は、ゆかりん14歳の誕生日。記念イベントとして、都内の書店で握手会を開くという。
 これはもう、でかけるしかない。
 オレは初めて目にする実物のゆかりんに期待して、始発電車で書店を目指した。

続きを読む → あなたは20歳以上ですか? はい いいえ

にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へ

tag : アイドル おしっこ セックス 中出し 乱交 公開プレイ

line

電車の中で電車プレイ

 朝の通勤時、いつも乗り換えしている駅でいつもの電車にいつものドアから乗り込もうとしたら、若い駅員に止められた。
 ふと、車両の中へ目を移す。
 女性ばかりだった。
 オレの方を見て、苦笑している女の子もいる。
「……じょ、女性専用車両? こんなとこに?」
 憤慨した。
 その車両は、4両目だった。普通、女性専用車両といったら先頭か最後尾だろう。それがなんで、こんなところに。
 発車のベルが鳴った。
 オレは舌打ちすると、ぎゅうぎゅうにおっさんが詰め込まれた隣の車両へ乗り込んだ。

続きを読む → あなたは20歳以上ですか? はい いいえ

にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へ

tag : 女装 露出 アナル セックス 乱交 メンズラブ

line

オレと彼女の中のひと

 土曜日の朝。
 目覚めたら、オレは美少女になっていた。
 可愛い部屋の壁にかけられた立ち鏡に映る可愛いオレは、可愛いパジャマを着てベッドにいた。
 ……なんだこれ。夢なのか? 頬をつねってみたら痛かった。
 おそるおそる、自分の身体に触れてみる。
 ……柔らかい。マシュマロみたいに柔らかい。むにゅむにゅする。
 どうなってんだ。オレは目をこすりながら思い出す。
 オレの名前は君島翔太。16歳で、高校2年生。痩せマッチョで考えるよりも先に行動するタイプだが、照れ屋なのでカノジョができたことはない。
 オレの身体の名前は湯川もえ。16歳で、高校2年生。気が強いが異性とふたり切りになるととたんに気弱になるため、カレシができたことはない。
 ……不思議だ。オレはオレの記憶があるというのに、この女の子の記憶まで頭の中にある。
 ま、いっか。
 もえちゃんになっちゃったもんは仕方がない。明日には元に戻るかも知れないし。
 この切り替えの早さが、オレのいいところだ。

続きを読む → あなたは20歳以上ですか? はい いいえ

にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へ

tag : 女子高生 おしっこ セックス 中出し パンティ

line

おしっこパンティの値段は2マン

「……1マンだからね」
 公園にある男子トイレの個室。すぐ間近で、小柄で可愛いショートカットの女の子がそういった。着ているのは、都内の名門女子校の制服だ。
 オレはうなずいた。
 恥ずかしそうに頬を染めた女子校生は、ぺたんと洋式便器に腰を下ろす。
 わずかに震える膝が、ゆっくりと左右に開かれた。
「……おお」
 ミニスカートの中が、オレの目に飛び込んでくる。

続きを読む → あなたは20歳以上ですか? はい いいえ

にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へ

tag : 女子校生 おしっこ パンティ セックス 露出 トイレ

line

あにまん

「こっち見んな、バカ兄ぃ!」
 晩御飯の途中、兄の視線に気づいたあたしは、テーブルの下から脚を蹴った。
「いてっ! 見てねーだろ! クソが」
「視線がエロいの! うざいから死んで!」
 吐き捨てるようにそういうと、あたしは乱暴に箸を置いてリビングから出る。
 バカ兄ぃは、ひとつ年上で高校2年生。頭はいいし、そんなに悪くないルックスなのに、カノジョいない暦イコール年齢の内弁慶。家の外では小動物みたいにおとなしい。そのくせ、女の子を見る目がとってもいやらしい。
 のあたしに対してだってそう。今も、胸とか唇とかじろじろ見られた。
 ったく、バカなんだからっ!

続きを読む → あなたは20歳以上ですか? はい いいえ

にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へ

tag : パンティ オナニー セックス 女子高生

line

いもうとコキ

「こっち見んな、バカ兄ぃ!」
 晩飯時、まゆがオレのスネを蹴った。
「いてっ! 見てねーだろ! クソが」
「視線がエロいの! うざいから死んで!」
 吐き捨てるようにそういうと、まゆは乱暴に箸を置いてリビングから出て行った。
 まゆは、ひとつ年下で高校一年生のだ。ショートカットの髪はさらさらで、透明感のある肌は染みひとつなく、大きな目がくりっとした極上の美少女。アイドルだったら、間違いなくファンになってる。
 だが、まゆはオレのだ。
 しかも、性格がキツく、親もさじを投げるくらいオレとは仲が悪い。
 生意気で、むかつきまくりのなのだ。

続きを読む → あなたは20歳以上ですか? はい いいえ

にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へ

tag : パンティ オナニー セックス

line

新人OLの極小パンティ

「絹島さん。まだまだかかりそうですか?」
 僕の正面に座る新垣結菜さんが、パソコンモニタの向こうからひょっこり顔を出し、透明感のある声でそういった。
「まあね。徹夜にはならないと思うけど。そっちは?」
「うーん。もうちょっとですかねえ」
 微笑を浮かべて可愛らしく首をかしげる彼女は、新卒の女性社員だった。
 明るい色の髪をポニーテイルにしていて、ちょっと童顔で、目が大きくて、肌が雪のように白い。おまけに巨乳でスタイルがいい。
 なんでこんなブラックな会社に入社したのかわからないくらい、優しくて、知的で、清潔感あふれる女の子だ。
「さて。ラストスパートです」
 そういって腕まくりした新垣さんは、モニタの向こうに引っ込んでしまった。
 可愛いなあ。新垣さん、可愛い。
 ……まずいぞ。
 僕は、彼女とふたり切りで残業している。
 納期が迫っているというのに、ドキドキしちゃって仕事が手につかない。仕様書を見ても、ちっとも頭に入ってこない。指にしたペンをただ回すだけ。

続きを読む → あなたは20歳以上ですか? はい いいえ

にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へ

tag : パンティ オナニー セックス おしっこ

line

トイレで女装ローターセックス

 秋葉原には、大人のおもちゃ屋がいくつかある。
 昔ながらの裏路地にひっそりとたたずむ汚らしい店ではなく、きれいなビルに堂々と入ったアダルトショップだ。
 オレは電気街口から出て、駅前にある薄っぺらい店内に入ると、500円のセットを買った。ローター、コンドーム、ローション、パンティが入った、オナニーセットだ。
 足早に、近くにあるビルへ入る。ガレージキットや同人誌などを並べるオタク向けの店ばかりが入った古いビルだ。
 4階の書店で、エロマンガを勃ち読みする。女装少年ものは、あまり並んでいない。
 よし。そろそろするか。
 オレは、トイレに入った。

続きを読む → あなたは20歳以上ですか? はい いいえ

にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へ

tag : 女装 パンティ オナニー アナル セックス メンズラブ

line

教室でこっそりオナニー

 教室であくびをかみ殺しているあたしの名前は、北村このみ。中学2年生の女の子。身体は小柄で成熟してないけど、けっこー可愛い方だと思う。
 今日は1時間目から退屈な授業。
 歴史の先生は、綺麗な若い女性。めがねをかけてて、えっちな身体つきをしてる。でも、その甘い声を聞いてるのは男子だけだよ。
 あたしは、机につっぷした。
 後ろの方の席だから、寝てても見つからないよね。
 あー、退屈。
 退屈なときって、いろいろ考えちゃう。
 ……今朝のこととか。
 やだ。どきどきしてきちゃった。
 指でくるくる回していたシャーペンを、そっと下ろす。

続きを読む → あなたは20歳以上ですか? はい いいえ

にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へ

tag : オナニー パンティ 中学生 セックス 乱交 中出し 近親相姦

line

ゴミ捨て場で拾ったパンティ

 深夜、アパートのゴミ捨て場へ行ったオレは、色とりどりな衣服が詰まったビニール袋が捨てられているのを見つけた。
 ――まさか!
 震える手でビニール袋を開き、まさぐる。
 すると、きちんとたたまれたタオルや衣服の奥に、すばらしいものを見つけた。
 パンティだ!
 少しくたびれた、ピンクと白のしましま模様の綿パンティだ!
 オレは小さくガッツポーズを取った。

続きを読む → あなたは20歳以上ですか? はい いいえ

にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へ

tag : パンティ オナニー セックス 女子高生

line

朝のマンチラ女子高生

 僕は毎朝の通勤に使っている駅に到着すると、ホームへと続く階段の手前で何気なく時間をつぶす。
 きた。
 ショートカットの、眼鏡をかけた華奢で可愛い女子高生だ。
 大きめのリボンを胸に携えたセーラー服を着ていて、スカートはとても短い。
 彼女は僕の前を通り過ぎ、階段を登る。
 不自然に見えないように気をつけながら、僕は彼女からすこし距離を開けて階段を登り始めた。
 よし、前にひとはいない。ベストポジションだ。
 ドキドキしながら、顔を上げる。
 見えた。
 女子高生のミニスカートの中が、僕の目に飛び込んできた。
 僕は勃起した。

続きを読む → あなたは20歳以上ですか? はい いいえ

にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へ

tag : 女子高生 電車 おしっこ セックス 中出し

line

ナースのご奉仕

 オレは入院していた。
 通学途中にバイクで事故り、両手と両脚を骨折してしまったのだ。我ながら、器用なコケ方をしたもんだと思う。まあ、命にまったく別状がないだけマシな方か。
 ここは真新しい病院だった。高級マンションのように綺麗で、働いている医者や看護師は若いひとばかりだし、個室ばかりが並んでいる。
 カーテンの隙間から、まぶしい朝の日差しが差し込んでいた。
 オレは思いっ切り欠伸をする。
 ……不便だ。
 両手にはぶっといギプスがはめられているから、ねむたい目をこすることさえできない。石膏で固められた両脚は、天井からつるされている。
 どーにかならんもんかな。せめて片手だけでも使えれば。
 そんなことを考えてたら、ガラガラーッと個室の引き戸が開いた。
「おっはよー、カツミくん! 今日も元気かなー? かなっ?」
 ナースの中谷ミカさんだ。
 まぶしい笑顔に、オレは胸を高鳴らせる。

続きを読む → あなたは20歳以上ですか? はい いいえ

にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へ

tag : ナース セックス パンティ おしっこ

line

FILE2:金髪ギャルとローターセックス

 いつもお世話になっております。
 変態作家の手炉雌亜です。
 このサイト上に、取材の募集広告が貼ってあることをお気づきでしょうか。
 変態的な性癖や、オナニー方法の取材です。
 以前一度だけ男性の方が応募してくれたので濃厚な取材を行いレポートとして公開しましたが、それ以来ぱったりとメールがきませんでした。
 すっかり忘れかけていたところ、2通目のメールがきてしまいました。
 今回は、女性の方です。
 ドキドキの取材レポートを公開いたします。

続きを読む → あなたは20歳以上ですか? はい いいえ

にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へ

tag : パンティ ギャル セックス カラオケ

line


ご注意

★このブログは、とてもアダルトなコンテンツです。20歳未満の方の閲覧は、固くお断りいたします。
★このブログに記載されたいるすべての文章はフィクションであり、登場する団体・人物などの名称や、部位名は、すべて架空のものです。
★登場人物は、全員成人しています。年齢は、すべて偽りです。
★文章の内容は、全部嘘です。
★このブログを閲覧した事により、何らかの問題が生じても、筆者は一切の責任を負いません。予めご了承ください。

FC2Blog Ranking にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へ

line
プロフィール

Author:手炉芽亜
 
非日常的な愛と
変態的な肉欲を
ライトなノリのノベルでご提供します。

もし使っていただけたのなら、
「拍手」ボタンをクリックしていただけると嬉しいです。
「拍手」を1ついただくごとにモチベーションがアップし、次回作の執筆速度が加速して愛の密度が濃厚になります。

ご意見、ご欲望等が
ありましたら、
こちらまで、
お気軽にお願いします。

line
告白

あなたの性癖を晒しませんか?
オナニー、セックス、アブノーマルな願望、誰にもいえない変態的な欲望を打ち明けてください。


名前:
メール:
件名:
本文:

line
コンテンツ
line
カテゴリ
line
FC2カウンター
line
リンク

line
アクセスランキング

line
アフィリエイト
line
QRコード
QRコード
line
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。